舞鶴市立明倫小学校


 7月6日(月) 空気をとじこめると(4年生)



 理科の学習で、空気をとじこめるとどうなるのか、ごみ袋を使って体験しました。押したり座ってみたり、風船みたいに飛ばしてみたりと、いろんな体験をする中で、今後の学習課題を探ることができました。目に見えない空気にどんな性質があるのか、これから調べていくのが楽しみです。

    


 7月2日(木) よごれをすっきりと(6年生)


 家庭科の学習で、6年生が洗濯板を使いました。電気洗濯機が普及していますが、靴下など落ちにくい汚れを落とすときなど、今でも洗濯板が使われることがあります。子どもたちは、つまみ洗い、押し洗いなどいろんな洗い方を試し、汚れたタオルや靴下などがきれいになっていくことで、洗濯板のよさを体験することができました。これからますます便利になっていく世の中ですが、それぞれの道具のよさを見失わずにいたいものですね。

      

7月2日(木) 給食の音
  いつもなら、友だちと楽しく話をしながら食べる給食の時間ですが、今は感染症対策のため、子どもたちは全員前を向いて、話をせずに給食を食べています。こんな状況でも何か楽しめることはないかということで、「味わいの音総選挙」というものに全校で取り組んでみました。野菜サラダと野菜チップスを噛むとどんな音がするか、自分で感じた音に投票しました。静かな環境だからこそ、身近な音に耳を澄ませてみるのもいいですね。

      



6月17日(水) 野菜の観察(2年生)

  2年生が生活科の学習で野菜の観察をしました。ピーマン・きゅうり・ミニトマトの中から1つ、好きな野菜の苗を選び、5月末から鉢を使って育てています。水やりも一生懸命頑張り、まだわずかですが、実が収穫できるようになってきました。「実が大きくなってきたよ。」と笑顔で嬉しそうに報告してくれる子どもたち。野菜の実も子どもたちも、さらに大きく育ちますように。

     



6月15日(月) 1年生・6年生かるた作り


   国語の学習で、1年生がかるた作りに取り組みました。平仮名をしっかりと覚えられるよう、6年生に分からない文字や言葉を教えてもらいながら、楽しく学習することができました。6年生も、上級生として1年生に教えたり、交流を深められたりして、とても嬉しそうでした。

      


6月8日(月)前期児童会スローガン
 
  学校が再開し、子どもたちは元気に学校生活を送っています。例年より遅いスタートとなりましたが、前期の児童会スローガンが、『みんながスマイル 助け合おう!けじめをつけよう!あいさつしよう!』 に決まりました。今年度も全校みんなで力を合わせ、温かい学校の雰囲気を作っていきたいと思います。様々な活動を通して、これからも多くの輪が広がっていくといいですね。楽しみです。
 
    
   
Copyright(C) 舞鶴市立明倫小学校. All right reserved.