舞鶴市立明倫小学校

校長挨拶

新しい時代に向かって
 今年は桜の花を長く楽しむことができました。4月10日に42名の1年生を迎え、277名、14学級でスタートです。

 明倫小学校は旧田辺藩学問所「明倫館」のあとに建てられています。藩校として「明倫館」という名称がついているのは全国で14校あるそうです。「明倫」というのは「人倫を明らかにする、すなわち人の守るべき道義を明らかにする。」という意味です。5月から新しい元号「令和」が始まりますが、伝統を守りつつ新しい時代に向かってはばたく児童を育てていきたいと思います。
 昨年度より京都府小学校教育研究会の研究協力校として、理科の教科を中心に研究を進めております。今年度も引き続き研究協力校として取り組んでまいります。ご理解ご協力のほどよろしくお願いいたします。

                               校長 池田弘一

  今年度の教育目標
     校名「明倫」の伝統を受け、心豊かでたくましく、
                 自ら学び世界にはばたく児童の育成

  目指す子ども像
    自ら学び続ける子
    人とのつながりを大切にする子
    心もからだもきたえる子
    ふるさとを愛し誇りに思う子

  目指す教師像
    子どもの声に耳を傾け
             ともに歩む教師
    教える道を 深く探求する教師
    地域を愛し 地域に尽くす教師

Copyright(C) 舞鶴市立明倫小学校. All right reserved.